HOME |インドネシアの金融監督庁(OJK) グリーンボンド発行のフレームワークと規制、年内導入へ明言(RIEF) |
OJK2キャプチャ

 

  インドネシアの金融監督庁「 Financial Services Authority (OJK) 」は、年内にグリーンボンド発行のフレームワークと規制を導入する。

 

 OJKの資本市場管理責任者の Luthfi Zain Fuadi 氏が「今年中に、OJKはグリーンボンドを扱う規制枠組みを持たねばならない」と述べた。インドネシア政府は、パリ協定で公約した同国の温暖化対策を実施するための資金調達手段として、グリーンボンドの活用を目指している。

 

 グローバル市場では米欧の民間金融機関が中心になって構築した「グリーンボンド原則(GBP)」が、市場標準として知られているが、インドネシアは国内の債券・金融市場が十分に成熟していないので、GBPをモデルとしつつ、国内市場……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム