HOME6. 外国金融機関 |年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)。投資資産のESG評価に、アルゴリズム活用の分析ツールを採用(RIEF) |
GPIFキャプチャ

 

  年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、ESG投資データを提供する英企業と契約した。同社が提供するアルゴリズムを利用した企業の持続可能性パフォーマンスの分析ツールを使って、資産運用に際してのESG評価を強化する方針とみられる。

 

 GPIFが導入するのは英アラベスク(Arabesque) 社の主要分析商品である「Arabesque S-Ray®」。GPIFが運用先とする世界の大企業のESG面の評価のスコア化、定量分析モデル等に活用できる。

 

 アラベスクのS-Rayは、世界の11言語にまたがる5万件以上の情報源から常に情報を取り入れて、500を超すESG評価に基づいてシステマチックに分析できるのが特徴という。

&……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム