HOME |中国人民銀行、投融資両面でグリーンファイナンス促進策。グリーンボンドを中期貸出ファシリティー(MLF)対象に、グリーンクレジットは銀行管理のMPA評価対象に、それぞれ追加(RIEF) |
PBoCキャプチャ

 

  中国の中央銀行である中国人民銀行(PBoC)は、中期的なマネタリーベースを供給するMLF(Medium-term Lending Facility、中期貸出ファシリティー)の適格担保にグリーンボンドを追加するとともに、銀行管理指導上のMPA(Macro Prudential Assessment)評価にグリーン・クレジット(融資)を加えた。金融機関の投融資の両面で「グリーンファイナンス」を評価・促進する体制を整えたことになる。

 

 MLFは、2014年9月に新たな金融政策ツールとして導入された。取引対象機関は(マクロプルーデンス管理の要求を満たした)商業銀行、政策銀行。これまで適格担保は、国債、中央銀行手形、政策性金融債、優良な債券等としてきた。今回、この対象にグリーンボンドを加えた。……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム