HOME6. 外国金融機関 |EUの欧州議会、サステナブルファイナンスの軸となる「タクソノミー(事業分類)」法制化を賛成多数で採択。欧州理事会の判断を受け、今年後半にも法制化作業へ(RIEF)。 |
Euparliament1キャプチャ

 

  欧州議会は28日、サステナブルファイナンス行動計画の軸になるグリーン&サステナブル・プロジェクトを分類するタクソノミー(事業分類)を賛成多数で可決した。議会決定を受け、4月中にも欧州理事会が法制化の判断を下す予定。欧州理事会の合意が得られると、5月の議会改選を経て、今年後半に法制化作業が行われる見通しという。

 

  法案は「The establishment of a framework to facilitate sustainable investment」と題した規則(Regulation)案。28日の欧州議会本会議では、賛成316、反対93,棄権192となり、賛成が反対・棄権合計票(285)を30票上回るだけの僅差だった。

 

 通常、……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム