HOME |オランダ政府、初の「トリプルAグリーンボンド国債」発行へ。約40億~60億ユーロの大型起債。予算に組み込み(RIEF) |
dutch1キャプチャ

 

 オランダ財務省は、同国として初となる期間20年のグリーンボンド国債を5月21日に発行すると公表した。グリーンボンド国債発行国は9カ国目となるが、AAAのソブリン格付けを取得している国としては初めて。発行額は40億~60億ユーロ(約5000億円~7500億円)の大型起債になる。調達した資金は同国の予算措置に組み込まれ、グリーン国家ローン(DSL)の原資として、再生可能エネルギー事業や省エネ事業等に投じられる。

 

 初の「トリプルAグリーンボンド国債」は英非営利団体のClimate Bonds Initiative(CBI)から認証を得たほか、市場ベースのグリーンボンド規格であるグリーンボンド原則(GBP)への適合性のセカンド・オピニオンをSustainalyticsから取得した。

……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム