HOME |英仏蘭の中央銀行トップ、気候変動リスクの開示整備と対応を、各国の中銀等に共同公開書簡。情報開示の共同開発や、タクソノミー制定等を求める(RIEF) |
megami1キャプチャ

 

 各国の中央銀行や金融監督当局で構成する「Network for Greening the Financial System (NGFS)」が先に、金融監督当局として気候変動リスクに対応する総合レポートを公表したことを踏まえ、英イングランド銀行と仏中央銀行の総裁らが、各国中銀や金融機関に対して、迅速で効果的な気候変動対応を求める共同公開書簡を公表した。

 

 共同書簡をまとめたのは、英イングランド銀行のマーク・カーニー総裁、仏中央銀行のヴィルロワ・ド・ガロー総裁、オランダ中央銀行の金融監督責任者のフランク・エルダーソン氏。書簡は、総合レポートが、提唱した6つの勧告のうち、中央銀行や金融監督当局に向けた4つの勧告に沿った行動を求める内容だ。

 

 これ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム