HOME6. 外国金融機関 |仏クレディ・アグリコルCIB、民間金融機関初の「トランジション(移行)ボンド」発行。私募で1億ユーロ。石炭火力のガス化事業や、LNG燃料運航船等への融資資金に活用(RIEF) |
CIB1キャプチャ

 

 仏大手金融機関のクレディ・アグリコルCIBは、1億ユーロ(約120億円)のトランジションボンド(移行ボンド)を私募の形で発行した。全額、保険大手AXAグループの投資部門(Axa IM)が引き受けた。 気候変動の影響を受けるCO2高排出企業や事業をグリーン化するための移行資金調達を目指すもので、民間金融機関の発行は初めてとなる。

 

 ボンドは期間10年、クーポンレートは0.55%。クレディアグリコルCIBは調達した資金を、CO2高排出セクターの低炭素化を後押しする事業に融資する。対象となるのは、LNG燃料運航船、エネルギー効率化投資、石炭火力に依存している発電事業をガス火力に切り替える事業等だ。今回の対象事業によるCO2削減効果は年間2万6500㌧と見込まれている。ルクセンブルグ証券取引所……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム