HOME6. 外国金融機関 |欧州銀行監督局(EBA)、ESG要因を銀行監督に取り込む3段階アプローチの「サステナブルファイナンス行動計画」公表。グリーン資産比率や、シナリオ分析に基づくストレステスト等(RIEF) |
EBA2キャプチャ

 

  欧州の金融監督当局の上部機関である欧州銀行監督局(EBA)は、ESG要因を監督業務に盛り込む段階的なサステナブルファイナンス行動計画を公表した。まず銀行がESG要因を戦略やリスクマネジメントへ取り込むよう奨励、その簡易指標として「グリーン資産比率」を導入する。第二段階では、シナリオ分析に基づくストレステストの導入。第三段階でグリーン資産の健全性評価を展開する。

 

 EBAの行動計画は、傘下の各国金融監督当局と、主要な銀行に向けて提示された。気候変動リスクをはじめとするESG要因を銀行監督実務に取り込む姿勢を、銀行監督の基本方針として具体的に示したのは、EBAが初めてといえる。

 

 EBAは、軸となる第二段階でのストレステストの全面適用に先駆け……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム