HOME8.温暖化・気候変動 |米大手保険ハートフォード社。石炭・タールサンド事業からの収入25%以上の企業向け、新規投資・保険引き受けを停止。既存の投資・引き受けについても2023年までに解消(RIEF) |
Hartford4キャプチャ

 米大手保険会社のハートフォード社(Hartford、コネチカット州)は、収入の25%以上を石炭やタールサンド関連事業から得ている企業への新規投資と、それらの企業への新たな保険提供を停止すると発表した。石炭火力発電や、石炭・タールサンドの採掘事業をすべて対象とする。該当企業向けの既存の投資、保険引き受けも2023年までに解消する。

  同社の会長兼CEOのChristopher Swift氏は「世界は、経済発展を支えるため、値段が手ごろで、手に入れ易いエネルギーを必要としている。同時に、そうしたエネルギー事業が気候に与える影響を最小化する行動も求められる。われわれは保険会社……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム