HOME |4.市場・運用|

4.市場・運用

国際投資家団体「IIGC」、「2050年ネットゼロ」に向け投資機関の投資ポートフォリオをネットゼロ化する新フレームワーク立ち上げ。10年以内に低炭素化と気候解決への投資目標設定(RIEF)

2021-03-10 23:54:58

IIGCC001キャプチャ     気候変動対応を促進する国際投資家団体の「The Institutional Investors Group on Climate Ch...
詳しく見る

米最強の化石燃料業界団体「米石油協会(API)」、炭素税等のカーボンプライシング政策に賛同を検討。排出規制等より、経済合理的との判断。バイデン政権の気候対策に反映考慮か(RIEF)

2021-03-10 00:22:09

API003キャプチャ   米石油・ガス企業で構成する「米石油協会(American Petroleum Institute:API)」が、炭素税等のカ...
詳しく見る

EU欧州議会、「カーボン国境調節メカニズム(CBAM)」担当者、徴収資金の使途で、一部を途上国の温暖化委対策支援に活用と。年間50億~140億ユーロと想定(RIEF)

2021-03-09 14:48:07

EP001キャプチャ    EUは、域内の気候変動対策で導入を目指している「カーボン国境調節メカニズム(CBAM)で輸入先...
詳しく見る

IFRS財団の評議会、サステナビリティ基準審議会(SSB)の設立を内諾。気候変動リスク開示の基準を優先化、TCFD提言等を土台に。各国の基準の特性を考慮する方式にも配慮(RIEF)

2021-03-09 07:46:55

IFRS001キャプチャ    IFRS評議会(Trustees)は、企業によるサステナビリティ情報開示基準の制定について、IFRS財団...
詳しく見る

国際決済銀行(BIS)、低炭素社会移行に際して金融システム全体の移行リスクを緩和するため、高排出企業の資金繰り支援の「流動性バックアップ制度」創設提案の論文公表(RIEF)

2021-03-08 17:42:06

BIS12キャプチャ     国際決済銀行(BIS)は、低炭素社会への転換を、炭素集約型企業への対応が不十分なままで進め...
詳しく見る

米コンサルのマッキンゼイ。サステナビリティ・気候リスク分析の英Vivid Economicsと傘下の専門企業を買収。「ネットゼロ経営の時代」に向け、経営戦略立案にESG評価力を強化(RIEF)

2021-03-07 16:34:48

Vivid001キャプチャ    米コンサルタントのMcKinsey & Companyは、サステナブル経済分析に基づく市場分析やコンサ...
詳しく見る

独エネルギー大手E.ON、グリーンボンドフレームワークをEUタクソノミー連動の「グリーンボンド基準(GBS)案」準拠に改定。GBS準拠は欧州でも初。資金使途先より明確に(RIEF)

2021-03-06 23:48:34

E.ON001キャプチャ    ドイツの大手エネルギー会社のE.ONは、同社のグリーンボンドフレームワークを、EUがサステナブ...
詳しく見る

日本製鉄、「2050年ネットゼロ」に向け、2030年のCO2排出量を現状より3割削減。電炉化や水素還元製鉄の導入目指す。技術開発コストで国家負担を要請(RIEF)

2021-03-06 17:18:09

nITTESTU001キャプチャ     日本製鉄は5日、2050年の温室効果ガス排出量を実質ゼロとする「カーボンニュートラルビジョン...
詳しく見る

米証券取引委員会(SEC)、執行部門に「気候・ESGタスクフォース」創設。企業のESG情報開示の不正や重要情報の未開示等に目を光らせる。「グリーン&ESGウォッシュ」を監視へ(RIEF)

2021-03-06 08:22:53

SEC1キャプチャ  米証券取引委員会(SEC)は4日、執行部門に気候・ESGタスクフォースを創設すると発表した。タスクフォ...
詳しく見る

イタリア、初のグリーンボンド国債発行。同国債では過去最大発行額の85億ユーロ(約1兆1000億円)、約10倍の応募倍率に。EU主要国のグリーンボンド国債出そろう(RIEF)

2021-03-06 00:34:38

Italy001キャプチャ     イタリアは初のグリーンボンド国債を発行した。発行額は85億ユーロ(約1兆1000億円)で、これ...
詳しく見る