HOME |4.市場・運用|

4.市場・運用

不動産大手ヒューリック、2050年までに、全保有物件からのCO2排出量を自前の再エネ発電でカバー。太陽光発電に加え小水力発電も。「実質ゼロ」より踏み込んだ「純粋ゼロ」実現へ(RIEF)

2020-12-07 17:25:37

Huric001キャプチャ    不動産大手のヒューリック(東京)は2050年の電力使用でのCO2排出量をゼロとする目標を立て、...
詳しく見る

米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)、初の水先物取引「ナスダック水指数」を7日に上場。カリフォルニア州の水取引価格を対象に(RIEF)

2020-12-04 16:52:55

Califorina001キャプチャ     米先物取引所のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)はナスダックと共同で、水の先物取引を今...
詳しく見る

オリックス、英国のESG資産運用会社「GCM」を買収。再エネファンドや社会的不動産投資ファンド等6本を運用中(RIEF)

2020-12-04 15:05:11

Gravis002キャプチャ    オリックスは、再生可能エネルギーや学生寮等のESG事業を投資対象とする英国の資産運用会社「G...
詳しく見る

住友生命と第一生命、「ブラックロック・リアルアセッツ」運用の再エネ・インフラファンドに各1億㌦投資。環境・社会へのインパクトと、投資収益を同時追求(RIEF)

2020-12-03 21:42:37

blackrock001キャプチャ    住友生命保険と第一生命保険は、 「ブラックロック・リアルアセッツ」が運用する、再生可能エ...
詳しく見る

JR東日本、年明け1月に、二度目のサステナビリティボンド発行へ。資金使途は、自前の太陽光・風力発電事業と首都圏の車両のバリアフリー化等に充当(RIEF)

2020-12-03 17:18:40

JR東001キャプチャ    JR東日本は年明け1月に、同社として2回目となるサステナビリティボンドを発行する。今年1月発...
詳しく見る

IFRSのサステナビリティ情報開示での新基準審議会(SSB)設立案に対し、日本の官民が「支持」意見提出。「重要性(マテリアリティ)」の範囲は企業財務への影響に限定を要請(RIEF)

2020-12-02 22:08:49

IFRS001キャプチャ     国際会計基準(IFRS)に関係する日本の市場関係者の意見集約を目的とした会議体「IFRS対応方...
詳しく見る

日本政策投資銀行、三菱ケミカルホールディングス向けに、同行初のサステナビリティ・リンク・ローン(SLL)300億円を融資。サステナブル効果の明瞭性には課題も(RIEF)

2020-12-02 14:51:43

mitsubishicemicalキャプチャ    日本政策投資銀行(DBJ)は、同行として初めてとなるサステナビリティ・リンク・ローン(SLL)...
詳しく見る

上智大学、「Climate Action 100+」にサポーターとして参加。日本の大学で初。「責任あるアセット・オーナー」としての課題解決に貢献を目指す(RIEF)

2020-12-02 13:34:19

sophia001キャプチャ   上智大学等を運営する上智学院(東京)が、国際的な機関投資家で構成する「Climate Action100+」に、...
詳しく見る

スウェーデン中央銀行(Riksbank)、新型コロナ対策で拡大する量的緩和策の社債購入プログラムに、国際的なサステナビリティ基準への適合評価を導入。グリーンボンドも購入対象(RIEF)

2020-12-01 00:55:25

Swedenriksキャプチャ     スウェーデンの中央銀行Riksbankは、新型コロナウイルス感染拡大で低迷する景気下支えのため...
詳しく見る

大和企業投資、中国の国有環境企業等と連携、長江流域の生態系保全とSDGs目標達成を目指す「環境投資ファンド」設立。将来的に10億人民元(約160億円)規模へ拡大目指す(RIEF)

2020-11-30 23:19:11

daiwa001プチャ    大和証券グループの大和企業投資は、中国中央政府直轄の国有企業として唯一の環境専業企業集団...
詳しく見る