HOME |4.市場・運用|

4.市場・運用

シンガポール通貨管理局(MAS)、同国初のグリーン国債発行へ。「Green SGS (Infra)」。15億シンガポール㌦(約1430億円)超。気候変動対策のインフラ投資に充当(RIEF)

2022-08-02 15:20:56

MAS001キャプチャ     シンガポール通貨管理局(MAS)は1日、同国初のグリーン国債「Green SGS (Infra)」 の発行...
詳しく見る

IFRS財団、米バリュー・レポーティング財団(VRF)統合を正式発表。SASB、IIRCともにIFRSの下で活動継続へ。国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)の基準化支援(RIEF)

2022-08-02 00:48:19

VAF003キャプチャ    国際財務報告基準(IFRS)財団は1日、サステナブル会計基準審議会(SASB)等を傘下に抱える米...
詳しく見る

米証券取引委員会(SEC)の2人のコミッショナー、財務会計基準審議会(FASB)を統括する米財務会計財団(FAF)に対し、サステナビリティ情報開示への取り組み見合わせを要請(RIEF)

2022-08-01 23:07:43

SEC001キャプチャ     米証券取引委員会(SEC)の2人のコミッショナーが連名で、現在SECが進めている財務報告に気候...
詳しく見る

ANAホールディングス、2050年度ネットゼロに向けたトランジション戦略。資金調達はトランジションボンドではなく、グリーンボンドで。日航と違い鮮明に(RIEF)

2022-08-01 16:19:48

ANA001スクリーンショット 2022-08-01 161810    ANAホールディングスは1日、2050年度のカーボンニュートラル実現に向けたトランジション戦略を...
詳しく見る

IFRS財団の国際会計基準審議会(IASB)、ISSBの基準化をにらみ、気候関連リスクを財務報告書に取り込む作業を確認。カーボンクレジットの会計処理にも改めて取り組みへ(RIEF)

2022-07-31 00:00:17

IFRSキャプチャ      IFRS財団の国際会計基準審議会(IASB)は、気候・サステナビリティ分野の国際共通情報開示基...
詳しく見る

日本公認会計士協会、グリーンボンドの資金使途に保証を付与するための実務指針公表。発行後評価で調達資金充当の妥当性を付与。セカンドオピニオン業務との切り分け課題に(RIEF)

2022-07-29 21:35:22

kaikei003キャプチャ    日本公認会計士協会は29日、グリーンボンドの資金使途について監査法人、会計士が保証を付与す...
詳しく見る

国際標準化機構(ISO)。グリーンファイナンスのタクソノミー基準を公開。原発は対象外、天然ガスもCCUS併設が条件。「政治判断」で修正されたEUタクソノミーとの違いを明確化(RIEF)

2022-07-29 00:48:09

ISO002キャプチャ     国際標準化機構(ISO)はグリーンファイナンス基準で最後まで作成が遅れていたタクソノミー基...
詳しく見る

自主的カーボンクレジット(VCM)の国際共通基準化を目指す「コア・カーボン原則(CCPs)」原案公開。追加性、永続性、ダブルカウント禁止等の10項目(RIEF)

2022-07-27 23:58:16

IC001キャプチャ  パリ協定の目標達成に向けた各国、各企業の取り組みを支援するために自主的なカーボン・クレジット市...
詳しく見る

今年上半期のESG債・同ローンへのセカンドオピニオン業務ランキング、Sustainalyticsが首位。2位にISS ESG。CICERO等のノルウェー勢後退。日本勢は「対象外」か(RIEF)

2022-07-26 00:46:04

Sustainalyticsキャプチャ    グリーンボンド等のESG債・ローンの適格性を付与するセカンドオピニオン(SPO)業務の今年上半...
詳しく見る

日本公認会計士協会、会計士のサステナビリティ分野の知識・能力向上目指し、教育研修のシラバス開発やプラットフォーム整備に取り組み。同情報開示の保証業務の受託力強化へ(RIEF)

2022-07-25 23:33:19

kaikei003キャプチャ    日本公認会計士協会は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)の気候・サステナビ...
詳しく見る
2 / 49412345...102030...最後 »