HOME |8.温暖化・気候変動|

8.温暖化・気候変動

日銀、2022年から「気候変動関連の市場機能サーベイ」実施へ。気候変動リスク・機会が株価や社債の価格形成、取引等にどう影響を及ぼしているかを包括的に調査・分析(RIEF)

2021-12-13 22:31:54

BOJ001キャプチャ     日本銀行は13日、「気候変動関連の市場機能サーベイ」を2022年から毎年実施する方針を明らか...
詳しく見る

米大統領気候特使のジョン・ケリー氏、EUが導入を検討するカーボン国境調整メカニズム(CBAM)に理解を表明。米国でも同様措置の可能性を検討中と明かす(RIEF)

2021-12-10 17:01:39

Kerry003キャプチャ     米大統領気候特使のジョン・ケリー氏は、EUが導入を目指しているカーボン国境調整メカニズム...
詳しく見る

EUサステナブルファイナンスの気候緩和・適応分野のタクソノミー、年明け1月1日からの適用を決定。焦点の天然ガス、原発の扱いは引き続き調整(RIEF)

2021-12-10 13:16:18

EUtodayキャプチャ    EUは9日、気候関連分野のサステナブル投資のタクソノミーを法制化するDelegated Act(DA)を承...
詳しく見る

2020年度の日本の温室効果ガス排出量、前年度比5.1%減。リーマン危機後以来の下げ幅。新型コロナウイルス感染拡大の影響大きく。環境省発表(RIEF)

2021-12-10 11:37:38

ghg2020キャプチャ    環境省は10日、2020年度の温室効果ガス排出量(速報値)を発表した。総排出量は前年度(19年度...
詳しく見る

EU排出権(EUAs)価格、90ユーロ台に乗せる。一日で6ユーロ近い上昇。100ユーロ達成は時間の問題。投機資金の影響大きく(RIEF)

2021-12-09 13:38:14

EUA002キャプチャ    EUの排出権取引制度(EU-ETS)のクレジット(EUAs)価格上昇が止まらない。 米ICEの先物価格は...
詳しく見る

今夏、スタートした中国の全国版の排出権取引制度(C-ETS)、現行の電力事業だけでなく、来年中にアルミニウムとセメント部門を追加対象に。対象排出量は合計で60億㌧に拡大(RIEF)

2021-12-07 23:43:21

shanghaiキャプチャ    中国は今年夏に始動させた中国版排出権取引制度(C-ETS)の追加対象セクターとして、アルミニ...
詳しく見る

欧州委員会、既存建築物のエネルギー・リノベーション比率倍増を盛り込んだ「建物エネルギー性能指令(EPBD)」改正案、来週公表。新築建築物はライフサイクル排出量の計算義務化(RIEF)

2021-12-06 23:07:45

Renobationキャプチャ     欧州委員会はEUの温室効果ガス対策での最大の「弱点」の一つとされる建築物からの排出削減に...
詳しく見る

インドネシア、来年4月からの炭素税導入を踏まえ、25年までにC&T方式での排出権取引制度(ETS)も導入検討。ETSと炭素税を組み合わせへ(RIEF)

2021-12-06 08:10:22

Indonesia001キャプチャ  インドネシアは来年4月に導入する炭素税に、キャップ&トレード(C&T)制度を連動させる取り組...
詳しく見る

米ユナイテッド航空、バイオマス原料のSAF(持続可能なジェット燃料)だけで試験飛行。2つのエンジンのうち1つにSAF満タンで、シカゴーワシントンを飛行。SAF普及をアピール(RIEF)

2021-12-02 17:26:42

United001キャプチャ  航空会社最大手の米ユナイテッド航空は1日、バイオマス等から作られたSAF(持続可能なジェット燃料)...
詳しく見る

国際エネルギー機関(IEA)、今年のグローバル市場での再エネ導入量は過去最高の290GWに。2026年までに再エネ発電量は化石燃料と原発の発電量の合計を上回ると推計(RIEF)

2021-12-02 00:07:13

IEA991キャプチャ   国際エネルギー機関(IEA)は1日、今年のグローバル市場での再生可能エネルギー発電量は前年比3%増と...
詳しく見る
3 / 38812345...102030...最後 »