HOME |12.その他|

12.その他

ウミシダ、温暖化する未来の海の王者にーー。奇妙な姿の「生きた化石」、海が高温になっても生き残るのはなぜ?(National Geographic)

2018-08-28 15:19:53

umishida1キャプチャ    2億年前から生息しているとされる「生きた化石」ウミシダが、次の時代の浅瀬の王者になるかも...
詳しく見る

日清食品の安藤社長、カップ麺容器をプラスチック製から生分解性プラに、今後2~3年で切り替え。世界ラーメン協会でも同様の方針。生分解プラの開発促す(各紙)

2018-08-26 16:04:27

nudoole1     各紙の報道によると、日清食品ホールディングス(HD)の安藤宏基社長は、現在は紙や発泡スチロ...
詳しく見る

将来の海面上昇に備え?、手軽に装着できる「人工のエラ」登場。水生昆虫の特徴がヒントに。日本人デザイナーが開発(CNN)

2018-08-21 18:16:41

era1キャプチャ     大がかりな装備の助けを借りなくても、水中で魚のように呼吸できる日が来るかもしれない――デ...
詳しく見る

下水に流したコンタクトレンズ、プラスチック汚染の大きな原因に。米国だけで年間歯ブラシ4億本分の廃プラスチックに相当。 米アリゾナ大学研究チームが推計(AFP)

2018-08-21 15:49:15

contactキャプチャ     【8月21日 AFP】トイレや排水口に流される使い捨てコンタクトレンズが、海洋のマイクロプラス...
詳しく見る

日本のお茶に含まれるネオニコチノイド系農薬、全種類含有。ペットボトル飲料にも。過度に摂取すると健康影響への懸念も。自然栽培のスリランカでは全く検出されず(RIEF)

2018-08-21 12:10:07

neo1キャプチャ    北海道大学などの研究チームは、市販の日本産の緑茶の茶葉とボトル茶飲料の全てからネオニコチ...
詳しく見る

役所の障がい者雇用水増し問題、中央省庁だけでなく、山形、千葉、愛媛など7県にも波及。1970年代から実施。「デタラメな役人たち」ばかりのようだ(各紙)

2018-08-21 00:17:44

yamagataキャプチャ    中央省庁で発覚した障がい者雇用数の水増し問題は、地方自治体にも波及している。各紙の報道に...
詳しく見る

チリの起業家、「汚染しないプラスチック」を開発。石油の代わりに石灰石を用いてプラスチック組成。5分で水溶し、残るのは炭素のみ。「ノーベル賞」もの?。10月にも国内で製品化(RIEF)

2018-08-17 16:53:11

Chillキャプチャ       世界中で廃プラスチック問題が注目を浴びる中で、チリの起業家らが、「汚染しないプラスチ...
詳しく見る

すかいらーくグループ、2020年までに国内外3200店でプラスチック製ストロー廃止を宣言。先行してグループの「ガスト」で年内にも実施へ。日本初の取り組み(各紙)

2018-08-16 18:47:29

Gustキャプチャ     各紙の報道によると、ファミリーレストラン最大手のすかいらーくホールディングス(HD)は202...
詳しく見る

仏、来年からリサイクル不可のプラスチック包装材の使用に罰金。2020年にはプラスチック素材のストローやカップなど全面的に使用禁止、2025年には「脱プラスチック国」に(RIEF)

2018-08-16 15:53:37

France2    フランスは、廃プラスチックによる環境汚染を段階的に根絶するため、来年からリサイクルされな...
詳しく見る

ドミニカも、プラスチック製品の使用禁止措置導入へ。来年1月から、ストローだけでなく、食器や発砲スチロール製品なども禁止。各国に広がる法規制。日本はどうなの?(RIEF)

2018-08-13 09:09:44

dominikaキャプチャ     各紙の報道によると。カリブ海の島国、ドミニカ共和国は、使い捨てのストローや食器などのプラ...
詳しく見る