HOME |12.その他|

12.その他

温暖化で台風・ハリケーンの強風域拡大、60年分の気候データ・シュミレーションで解明。海洋研究開発機構・東大の研究チーム。米国のハリケーン大型化にも応用可能(日刊工業新聞)

2017-09-15 14:03:18

irma1キャプチャ    海洋研究開発機構の山田洋平ポストドクトラル研究員と小玉知央研究員、東京大学大気海洋研究所...
詳しく見る

ハリケーン襲来が相次ぐ米フロリダ州。トランプ大統領所有の別荘「マー・ア・ラゴ」も2045年までに年間210日水没の可能性。他のトランプ物件にも海面上昇の影響(RIEF)

2017-09-14 08:00:35

trump2キャプチャ    ハービーとイルマ(アーマ)の二つのハリケーンに襲われた米国南部。そのうちイルマの被害が大...
詳しく見る

マイクロプラスチック、ほぼすべての食卓用海塩に含有。各国での研究で判明。飲料水汚染に続く「グローバル汚染」が明瞭に(RIEF)

2017-09-11 16:56:23

salt2キャプチャ    世界の海水から採取する食用塩のほぼすべてに、微細なマイクロプラスチックが含まれていること...
詳しく見る

世界の環境NGOなど47 団体、東京オリンピック大会建設工事での不透明な熱帯林合板使用の停止をIOCに要請。「このままでは東京オリンピックは環境破壊と人権侵害の象徴になる」と警告(RIEF)

2017-09-11 15:42:44

Olympic2キャプチャ      グローバルな環境NGO、市民団体など47団体は11日、2020年の東京オリンピック・パラリンピック...
詳しく見る

ドイツのベンチャー企業、小型電気ジェット機開発へ9000万㌦の資金調達に成功。2019年に実用機試作。2025年には「空飛ぶエコタクシー」実現を目指す(RIEF)

2017-09-11 08:00:51

Lillium3キャプチャ    ドイツのベンチャー企業、リリウム(Lilium:本社ミュンヘン)は、垂直離着陸ができる「小型電...
詳しく見る

「環境危機時計」、今年はトランプ政権の誕生で、世界の危機意識は「2分」進み、過去最も進んだ年と並ぶ。日本は8分進むが、危機意識は低いまま。旭硝子財団の調査(RIEF)

2017-09-09 00:18:17

clockキャプチャ    旭硝子財団が毎年公表している「環境危機時計」が、今年は「9時33分」となり、昨年より2分進み...
詳しく見る

世界の水道水の8割から微細なプラスチック繊維を検出。人体への影響は不明だが、海洋のマイクロプラスチック汚染だけでなく、自然界全体にプラスチックが滞留していることを浮き彫り(RIEF)

2017-09-06 21:41:48

microplastic1キャプチャ    マイクロプラスチックの海洋汚染への懸念が世界的に広がっているが、海だけではなく世界の水道...
詳しく見る

アスベスト被害での中皮腫による死者数、世界で年間3万8400人、日本でも年1357人。広がる被害(各紙)

2017-09-05 11:01:13

asbestキャプチャ  各紙の報道によると、建築資材などに用いられたアスベスト(石綿)が主な原因で発生するがんの一種「...
詳しく見る

南アフリカで、サイの角のオンライン競売開始。中国、日本などアジア市場で珍重。動物愛護団体は「密猟助長」と抗議。人間はすべての生き物の「敵」だな(AFP)

2017-08-25 08:08:44

saiキャプチャ   【8月24日 AFP】南アフリカで23日、絶滅危惧種のサイの角の初のオンライン競売が始まった。動物...
詳しく見る

英電機メーカーのダイソンが、電気自動車開発か。アストンマーティンなどから幹部を複数採用。ダイソンなら「空飛ぶエコカー」くらい開発しそうだ(各紙)

2017-08-21 14:37:02

Dysonキャプチャ    強力な吸引力の掃除機や羽根のない扇風機などのヒット商品でグローバル展開している英ダイソン...
詳しく見る