HOME |5. 政策関連|

5. 政策関連

カナダでのG7首脳会議、海洋汚染問題対応で「海洋ブループリント」採択。プラスチックごみ対応や沿岸部の強化等。欧州・カナダ主導の「海洋プラスチック憲章」には日米が不参加(RIEF)

2018-06-12 22:56:34

canasda4キャプチャ    先週末、カナダのシャルルボワで開いた先進7カ国首脳会議(G7)は、プラスチック等による海洋...
詳しく見る

カナダでのG7首脳会議で採択された「公衆関与文書(PE)」、気候変動、海洋汚染、クリーンエネルギーの3分野を「公共的対話」のグローバルテーマと認定。女性活用との連携を求める(RIEF)

2018-06-12 00:12:43

G71キャプチャ    カナダで開いた先進7カ国首脳会議(G7)では、トランプ米大統領と欧州勢の対立が鮮明になった...
詳しく見る

大林組、茨城県神栖市で大規模バイオマス専焼発電所建設へ。発電容量51.5MW。東洋エンジニアリングが再熱方式の発電設備を受注(RIEF)

2018-06-08 17:00:32

kamisuキャプチャ     大林組は茨城県神栖市に、発電能力51.5MWの大規模バイオマス発電所を建設すると発表した。発電...
詳しく見る

全米3番目の大都市シカゴ、7月から市の資産運用すべてにESG評価のスクリーニングを原則化。2020年には投資ポートフォリオのカーボンニュートラル化達成を目指す(RIEF)

2018-06-07 22:26:24

Chicagoキャプチャ    米国3番目に人口の多い都市のシカゴが、市の運用資産すべてに、ESG評価を適用、7月から実施す...
詳しく見る

カナダでのG7サミットに向け、グローバル機関投資家連合が、各国政府に気候変動対策強化を求める共同声明。各国NDCs目標の強化、排出権取引によるカーボン価格付け策等求める(RIEF)

2018-06-07 14:53:14

canadaキャプチャ     今週末にカナダのシャルルボワで開かれる先進7カ国会議(G7)に向けて、世界の主要な機関投資...
詳しく見る

東京都とスパークスAMによる官民連携インフラファンド第一号、元本の1.6倍の投資リターンで、清算完了。全国12カ所に合計約100MWの太陽光発電所に投資(RIEF)

2018-06-06 23:14:52

sparks1キャプチャ    東京都は2012年からスパークス・アセット・マネジメントと進めてきた官民連携インフラファンド...
詳しく見る

大規模太陽光発電所の建設も、環境アセスメント法の対象に。日本野鳥の会が要望。各地で自然保護・防災、住民トラブル等50件発生(RIEF)

2018-06-06 12:00:50

yachouキャプチャ    日本野鳥の会(東京)は、自然環境の豊かな地域での大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設...
詳しく見る

マイクロプラスチック・マイクロビーズ規制へ議員立法。与野党合意。事業者に製造・販売の自粛求める努力義務課す。洗顔料や歯磨き粉等で使用(各紙)

2018-06-06 01:17:02

prasticキャプチャ    各紙の報道によると、洗顔料や歯磨き粉などに使われるマイクロプラスチックによる海洋汚染防止...
詳しく見る

環境省版「グリーンボンド」。資金使途のグリーン事業は「50%超」でOK。「100%グリーン」な国際基準を大幅緩和。将来は「グリーンボンド」とみなされないリスクも。発行体に5000万円まで補助金を大盤振る舞い(RIEF)

2018-06-05 18:39:44

MOEキャプチャ      環境省は同省が公表する「グリーンボンドガイドライン」を採用してグリーンボンドを発行する...
詳しく見る

金融庁、金融監督当局・中央銀行による、気候リスク評価・分析の国際ネットワーク(NGFS)に参加。TCFD対応を銀行監督の柱の一つに据える(RIEF)

2018-06-05 07:46:39

NGFSキャプチャ      パリ協定を受けて設立された「金融システムのグリーン化のための中央銀行・金融監督当局者ネ...
詳しく見る