HOME |10.電力・エネルギー|

10.電力・エネルギー

洋上風力普及なるか。政府が「海洋再エネ発電利用促進法案」を閣議決定。一般海洋の占有期間30年まで可能に。全国5カ所を促進区域に指定。秋田、青森、長崎が有力(RIEF)

2018-03-12 01:16:20

youjyou3キャプチャ    政府は9日の閣議で、洋上風力発電を普及・促進するため、基本的ルールを定めた法案を決定した...
詳しく見る

新生銀行 カナディアン・ソーラーの大分県・日出町でのメガソーラー事業に160億円のプロジェクトファイナンス資金を供給(RIEF)

2018-03-09 12:03:07

Canadian1キャプチャ    新生銀行はカナダの太陽電池大手、カナディアン・ソーラーが大分県日出町で建設中の大規模太陽...
詳しく見る

石油・ガス等の化石燃料関連企業、パリ協定の国別約束案(NDC)準拠のビジネス展開だと、2025年までに1兆6000億㌦の損失リスク。英シンクタンク分析(RIEF)

2018-03-09 08:22:41

kaseki1キャプチャ      化石燃料企業は、現行の各国政府の規制を前提としたビジネス展開を続けると、2025年までに合...
詳しく見る

昨夏の電力余力 震災前の原発分上回る。再生エネ発電の拡大と、節電の普及で。「原発必要論」、根拠失う(東京新聞)

2018-03-08 09:57:47

fukushima2キャプチャ    年間通じて最も電力が必要になる夏の発電状況について、電力の供給余力が昨年、東日本大震災前...
詳しく見る

経産省の固定価格買取制度(FIT)価格算定委員会、小型風力発電の買取価格、55円/kWhから一気に3分の1近い20円に。業界、市民ら「再エネ発電育成ではなく、再エネ殺し」と猛反発(RIEF)

2018-03-06 23:19:45

FIT1キャプチャ    再生可能エネルギー発電を育成・普及するはずの固定価格買取制度(FIT)が、「再エネ発電殺し...
詳しく見る

国際エネルギー機関(IEA)、2020年までの米国の石油需要増加分はシェールオイル開発で対応可能。それ以降は投資不足に。「2018年の石油市場レポート」で分析(RIEF)

2018-03-06 21:31:00

IEAキャプチャ     国際エネルギー機関(IEA)は5日、石油輸出国機構(OPEC)以外の米国、ブラジル、カナダ、ノ...
詳しく見る

トヨタ、ホンダなど大手11社、水素ステーション全国配備に向け、共同会社を設立。2021年度までに80カ所で新規建設。電気自動車インフラと重複投資にならないか(RIEF)

2018-03-05 19:27:02

suiso1キャプチャ    トヨタ自動車、本田技研工業など11社は5日、燃料電池自動車(FCV)向け水素ステーション事業の...
詳しく見る

日揮、海外初の太陽光発電建設事業、ベトナムで受注、約50億円。東南アジアの再エネ市場での事業展開を目指す(各紙)

2018-03-05 09:36:45

nikkiキャプチャ    各紙の報道によると、日揮はベトナムで太陽光発電所の建設工事を現地の電力事業者「ザライ電力...
詳しく見る

鶏ふんから再エネ発電。岩手県二戸市の「十文字チキンカンパニー」。チキンナゲットの特典付き。東電福島原発事故を契機に「安全な電力」を首都圏に提供(東京新聞)

2018-03-05 08:51:44

chikin2キャプチャ    鶏肉と一緒に電気もお届け-。生産量が業界トップクラスの鶏肉製品生産販売会社が、七年前の東...
詳しく見る

大和ハウス工業、パリ協定の目標達成に向け、再エネ電力100%の「RE100」、省エネ倍増の「EP100」の両イニシアティブに同時加盟。EP加盟は日本では初めて(RIEF)

2018-03-04 21:22:35

daiwa6キャプチャ     大和ハウス工業は、エネルギー効率(省エネ)と再生可能エネルギーに関する国際イニシアティ...
詳しく見る