HOME |8.温暖化・気候変動|

8.温暖化・気候変動

欧州議会、東南アジアでの熱帯雨林不法伐採を抑えるため、バイオ燃料へのパーム油混入禁止法案を賛成多数で可決。インドネシアなどは猛反発。環境規制が貿易摩擦に転じる懸念も(RIEF)

2017-04-13 18:16:35

bioenegyキャプチャ      欧州議会は先週、欧州連合(EU)域内の公共交通機関が使用するバイオ燃料に、パーム油などの...
詳しく見る

産業環境管理協会(JEMAI) 自然資本連合(NCC)に加盟。日本勢で2社目。企業の内外活動での自然資本評価を積極的に推進へ(各紙)

2017-04-13 17:17:12

NCCキャプチャ     各紙の報道によると、企業の環境管理活動を支援する一般社団法人産業環境管理協会(JEMAI)は...
詳しく見る

活火山の国アイスランド。地中の火山マグマのエネルギーから直接発電する世界初の「マグマ地熱発電」計画が進行中。発電電力は1000kmの海底ケーブルで英国に輸出へ(RIEF)

2017-04-12 01:11:48

Iceland6キャプチャ    火山地中のマグマ・エネルギーから直接発電する、世界でも初の「究極の地熱発電」計画がアイスラン...
詳しく見る

英保険大手のAviva 国連の「気候変動ニュートラル・キャンペーン(Climate Neutral Now)」に署名。保険会社で初。自社削減+オフセットクレジットの購入を実践(RIEF)

2017-04-11 17:20:27

Climate Neutral Nowキャプチャ     英国の大手保険会社のAvivaは、パリ協定の発効を受けて企業の温暖化対策を推進するために国連...
詳しく見る

世界銀行、グリーンボンドの累積発行額100億㌦を突破。EIB、KfWについで3機関目。「世銀のグリーン」は、日本の個人投資家にも人気銘柄に。(RIEF)

2017-04-11 15:34:39

seginキャプチャ    世界銀行は、これまでに発行したグリーンボンドが累積で100億㌦に達したことを明らかにした。...
詳しく見る

昨年の世界の新規再エネ投資、前年比23%減の一方で、追加発電量は過去最高。再エネ事業の経済効率性向上を立証。日本は再エネ政策の“失敗”で新規発電量も減少。UNEPなどの共同調査で判明(RIEF)

2017-04-10 20:43:49

UNEP1キャプチャ    国連環境計画(UNEP)などによると、昨年中の世界での新規の再生可能エネルギー投資額は、前年...
詳しく見る

オリックス、米国で「屋根借り太陽光発電事業」展開へ 現地の専門企業と提携。まず全米7州で事業展開、数ヶ月以内に拡大へ(RIEF)

2017-04-10 16:45:54

Orix1キャプチャ    オリックスは米国の太陽光発電事業会社、IGSソーラー(本社オハイオ州)と提携、全米市場をに...
詳しく見る

スマートエナジー社 再エネ事業のO&M業務強化で、ゴールドマンサックス(GS)と提携。GSが30億円の増資引き受け(RIEF)

2017-04-10 15:34:01

smartenergyキャプチャ       省エネ・再エネ事業を展開するスマートエナジー社(東京)は、太陽光・風力発電設備の運営・...
詳しく見る

アジア開発銀行(ADB) 気候変動ファイナンスのデータベース整備・公開(RIEF)hes Climate Financing Database

2017-04-10 12:37:48

ADB1キャプチャ    アジア開発銀行(ADB)は気候変動金融に関するデータベースを整備、公開した。ADBは2020年まで...
詳しく見る

カナディアン・ソーラーが「デュアルテナー・グリーンプロジェクトボンド」発行で54億円調達。群馬県・水上でのメガソーラー事業に充当(RIEF)

2017-04-07 16:30:12

Canadaキャプチャ    カナディアン・ソーラー社は、日本での太陽光発電事業の資金調達として、 グリーンプロジェク...
詳しく見る